人口減少と人口の一極集中は現代の日本が抱える大きな問題です。人口減少は地方の都市や自治体の衰退の原因となっています。人々は大都市に移住する傾向があり、その他のエリアの人口は必然的に減ってしまっています。これによって農村地域は自治体の維持や存続の危機に面しており、地方創生は現代社会で日本が抱える課題の 1 つであることは間違いありません。

地方創生とは、大都市の人口過剰による問題を解決するための政策です。多くの人口が農村部から大都市へ流入した場合、その大都市の人口密度は過剰に上がり、それに伴って資源の需要も高まります。現在東京の人口は 1,380 万人を超えており、日本の全人口の 11% を占めています。

地域活性化への取り組み

数々の都道府県をまたがるプロジェクトの規模と多くの困難と共に、市町村の強みを生かしたさまざまなユニークなコンセプトが生まれました。

日本における地方創生の取り組み例は以下の通りです。

岩手県の広田町はワークライフバランスを重視し、若い世代を魅了する街づくりに取り組んでいます。

広田町は東北地方の岩手県に位置する町です。地域の良さを宣伝するだけではなく、ワークライフバランスの実現に力を入れています。その結果、大都市での生活に飽きてきた専門職を持つ若い人々を魅了することに成功しました。

関係人口による農村地域の再生

関係人口とは、長期的に移住をしなくても、地域とつながりを持つ人々のことを指しています。「おてつたび」とは旅行しながらスキルや労働力を提供する交流の場です。このプロジェクトによって、都心から離れた農村部は休暇先としての発展することができます。また都市に住む人々地方の人々につながりが生まれることにより、地区のコミュニティの活力が高まることが期待できます。

 

カードゲームによる持続可能な街づくりの教育

最近日本で開発された SDGs の促進方法として、カードゲームを使った学習法があげられます。このゲームのテーマは地方創生です。ゲームの中で、プレイヤーはさまざまな役割を果たしながら、協力と目標の達成の重要性について学びます。

日本における地方創生の動向

地方創生は日本の多くの地域の懸念材料です。日本の 47 都道府県のうち、44 の都道府県で人口が全く増加していない、あるいは減少の傾向が見られています。人口減少と経済の後退は多くの地域が抱える問題で、あらゆる年代層の人々が協力して解決策を見い出さなければなりません。グラフは 2019 年の後半、これらの問題に対して人々の関心がより高まったことを示しています。この時期日本では SDGs への意識が高まっていました。SDGs がレンズとなり、日本の農村部を活性化させるための新しいリソースと理想の探求が始まったのです。

日本では「人口減少」という言葉はここ 5 年ほどで大分使われなくなりました。興味深いことに、「人口減少社会」への関心は確実に高まっています。例えば秋田県、青森県、そして山形県はこのような問題を大きく扱っています。同様に「地方創生」という言葉も使われなくなりました。日本の地方における林業や伝統工芸などが抱える問題は単なる「会話のトピック」ではなく、「対処するべき問題」に変化したことを示しています。