カジノで地域の経済を活性化!

当委員会の任務

当地域創生委員会には数多くの任務があります。以前基地であった土地、マイノリティの居住地、農村地区、貧困率が高い地域やその他困難を抱える地域に対して開発計画や政策を立て、その政策を推進することが主な役割です。また必要に応じて移転の計画を立てたり、経済的そして社会的開発の方針の変更を提案したりすることも当委員会の重要な任務となっています。災害の救援や生活再建計画の開発、主な問題の調整、また古い工業都市と都心部の古い工業地域の改革と復元なども当委員会の専門分野です。さらに資源を基盤とする地域の工業化プロセス、そして鉱業地域の坑道やそれぞれの鉱石採掘現場などの総合管理も行っています。

経済的なアプローチ

地方創生のゴールは地域の経済の後退と人口の減少に対処し、将来の持続的な成長を確実なものとすることです。当委員会は観光業だけでなく、地方税の支払い、キャッシュレスプロモーションの取り組み、デジタル広告の採用、社会的な問題の解決など、その地域に利益をもたらすさまざまな分野における事業を生み出しています。地方自治体、NGO、NPO、さらにさまざまな地元の企業と共に取り組むことにより、当委員会の未来への事業は、各活動が行われる地域とのつながりが強めていきます。私たちは今後も活動の分野を広げ、前向きに取り組んでいく意向です。

活性化政策

日本活性化政策の戦略の目的は日本の成長を今後も持続させることです。日本社会の持つさまざまな側面から見て、景気を刺激することは私たちの役目であるといえます。

私たちの課題: 日本活性化政策における基本原則、改正における主な政策措置、さらなる成長のための今後の取り組みなどが私たちが抱える主な課題です。

当委員会は  3 つの工業再生実行計画、雇用制度改革と人材力強化、エンジニアリングとイノベーション分野における技術革新の促進、世界トップクラスの学術資産の構築、世界最先端の IT 先進国となるための取り組み、地方創生と地方構造改革、中堅、中小、零細企業の改革など、数多くのプロジェクトに携わっています。

最新の投稿

地方創生が日本に与える影響とは?

地方創生が日本に与える影響とは?

人口減少と人口の一極集中は現代の日本が抱える大きな問題です。人口減少は地方の都市や自治体の衰退の原因となっています。人々は大都市に移住する傾向があり、その他のエリアの人口は必然的に減ってしまっています。これによって農村地域は自治体の維持や存続の危機に面しており、地方創生は現代社会で日本が抱える課題の 1 つであることは間違いありません。

投資環境の活性化

投資環境の活性化

次に第二段階として、当創生委員会は電力小売全面自由化を推進していく予定です。民間企業の海洋資源開発を促進するため、私たちも環境整備の活動計画を立てていきます。この計画の一例として、海洋調査におけるデータの収集、処理、さらに配布における標準的な規則の制定などがあげられます。私たちの活動によって将来的に日本の発展を導くことは決して不可能なことではありません。私たち創生委員会は今後もより良い未来のために最善を尽くすことをお約束します。